絶対にやせる方法・体験談ブログ・小顔ダイエット・アンチエイジング・体臭口臭予防方法!

食事ダイエット・サプリメント・スポーツジムを組み合わせて効果的に小顔・若返り・絶対に痩せる4つの方法を教えます

絶対にやせるダイエット・小顔・アンチエイジングなど大成功した体験談を複数公開!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本人の勘違い英語 Vol. 1 「C.A. キャビンアテンダント 実は勘違い!」
「C.A.」や「キャビン・アテンダント」と言う名前は、日本のテレビドラマなどで
よく耳にします。 スチュワーデスと言うと古くさいと思われるので私を含め
皆さんもキャビンアテンダントを使うことが多いと思います。

しかし、世界的には、キャビン・アテンダント=飛行機の客室乗務員では
ありません。



では、世界的にはなんと言っているのでしょう?
それは、「フライト・アテンダント」(Flight attendant)が支流!

だからといって「F.C.」とは言わないそうです。


「キャビン・アテンダント」は、通じないことは無いそうですが「豪華客船」などでも
使われているので飛行機の客室乗務員のイメージは無いそうです。
もちろん普通は使わないそうです。



※これらの情報、並びに以降掲載されるは情報は、私の英語の先生である
シアトル出身のアメリカ人と、ヨーロッパ圏のその友人のセカンド・オピニオンに
よって確認した上で掲載しております。 しかし、皆様にはもう一度英語圏の方に
確認されることをオススメ致します。 掲載している内容と情報は当ブログ並びに
管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。



スポンサーサイト
日本人の勘違い英語 Vol. 2 「応援のファイト!実は勘違い」
学生のクラブ活動やバレーボールの応援でよく使われている
「ファイト!」と言う言葉。 おそらく「がんばれ!」のような意味合いで
使っているのだと思う。

でも、この「ファイト!」を使っているのは日本だけです。


もちろん、英語を母国語としている国々では「ファイト」を
応援では使わないそうです。

単純に「ケンカしろ!」や「戦争しろ!」の意味になるそうですので
海外での日本チームの応援などでは絶対に言わないほうが良さそうです。
(ケンカや乱闘に巻き込まれないためにも)


日本人の勘違い英語 Vol. 3 「テレフォン アポインター!実は勘違い」
「テレフォン アポインター」、日本では電話で商品などを紹介し

アポを取る人のことをいうと思う。


でも、英語の意味では「アポインター」は”命令する人”だそうです。

私も勘違いしていました。 しかも、あまり使わない言葉らしいです。


「アポイントメント」からどうもきてるようですが

「テレフォン アポインター」は日本の意味が通じないようです。



日本人の勘違い英語 Vol. 4 「クール!実は勘違い」
「クール!」(Cool)、という言葉ほとんど日本語に溶け込んでいます。


もし、「あの人はクールだよね!」と聞いたら、皆さんは

どういう人を想像しましたか? おそらくほとんどの日本人が

「少し冷たい人」、「物静かな人」、「あまりしゃべらない人」など

マイナス(ネガティブ)のイメージがあります。



でも、一歩日本を出ればその「クール」の意味は全く逆です!

クール(Cool=スラング=Kool)は、英語で「気温が冷たい」という意味も

ありますが、人に対して「Cool」と言うときは、

「超カッコイイ!」「イケテル」と言う意味で使われます!!

この使われ方は、世界共通でもう何十年も前からこういった表現が

ありました。

海外で服を買いに行ったとき、服を試着しているときに

店員さんから「It's so cool!」と言われたりもします。



日本人の勘違い英語 Vol. 5 「ジェットコースター!実は勘違い」
「ジェットコースター」これも勘違い英語!


今日、テレビ番組(お昼のワイドショー)でもこれについて放送が

ありましたが「ジェットコースター」は日本だけの呼び名。


英語では、「ローラー コースター」が正解!

そのまんまですね。



海外では「ジェットコースター」が通じないので気をつけましょう!


勘違い英語の過去に記事こちら




テクノラティプロフィール

ブログランキング


日本人の勘違い英語 Vol. 6 「ナンバー1を英語で書くと!?」
勘違いとまでは言えないのですが

英語で「ナンバーワン」は、 「#1」と書くらしいです!
(読むのも同じです)

決して「シャープワン」とは読まないようです。


ですので、電話番号は、 「PHONE # 800-888-1234」

もしくは、「PH # 800-888-1234」と

表記してあることが多いようです。

旅行の際は、イエローキャブのフロントガラス上などでも

確認できます。


日本人の勘違い英語&常識 Vol. 7 「クリスマス ケーキ」
いよいよX'masシーズンがやってきました!

そこで当ブログのプロフィールの欄でも紹介している

世界から見て日本の間違った習慣「クリスマス ケーキ」について!


実は、日本だけの間違った習慣です。

日本以外の欧米やキリスト教関係では、主にメインではチキンや

ターキー(アメリカ)、ローストビーフが定番です。


ちなみに、英語圏でクリスマス カードを送るときには

「Merry Christmas!」←ではなく、

「Have A Very Merry Christmas!」 もしくは

「Have A Very Merry Christmas and A Happy New Year!」のほうが

より自然で良いらしいです。


ギネス公認 世界一のオシャレな出会いサイト!こちらから match.com
日本人の勘違い英語 Vol. 8 「マラソン!」
皆さん、「マラソン」と聞いて何をすることか分かりますか?

ここにも日本人の勘違いしたカタカナ英語がありました。


多くの皆さんは、 ランニング、ジョギング、マラソンをほぼ同じ意味で

使うことが多いようです。 他には、マラソン大会はどうでしょうか?

10kmや20kmのマラソン大会も間違った意味になります。


世界的に、「マラソン」 正式の距離は42.195キロの大会のことを

言うそうです。 それ以下の距離の大会やクラブ活動のジョギングなどで

使うのは間違いのようです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。